日本ボディケアセラピスト協会

協会の目的

・心と体の健康と美と癒しを提供する「ボディケアセラピスト」の育成とサポート

・多くの人に心と体の健康の大切さを認識してもらい家庭でできる「ホームケア」の提案と普及

協会の理念

女性がやりがいを持って楽しく自分らしく輝き活躍できる仕事

心も経済的にも豊かになり社会貢献できる仕事

そんな仕事の一つとして「ボディケアセラピスト」を育成しサポートします。

ボディケアセラピストは、心も体もほぐすマッサージのアプローチ技術と、家族の愛情と絆を深め、健康な心と体作りに役立つホームケアの方法を学び、ご自身やご家族の健康はもちろん現在のストレス社会に貢献する仕事としてお役立ちいただける資格です。


時代背景

現代社会はストレスであふれています。

職場、仕事でのストレス、また、友人関係、ネットを通じての対人関係で問題をかかえている人は大変多くなっています。

そこで、さまざまなストレスを癒してくれる癒し系のサロンは高い成長率をみせており、成人の5人に1人がボディケアのサロンを利用したことがあるとの調査もあります。

もっとも利用の多い世代は20代ということもあり近年健康への関心は若い世代にも広がっており今後も需要は伸びていくといわれています。

また、こうした癒し系サロンの利用者の中心である女性にとって(もちろん男性も)、健康になりたい、綺麗になりたいという需要はなくなることがなく今後も成長が見込める市場であると考えられます。

一方、家事や育児、介護をしながらも時間をやりくりして何か仕事をしたい、手に職をつけたいという女性も増えており、自宅で出来る仕事を模索している人は大変多い現状です。

仕事を持ち、少しでも経済的に豊かになることで、結果的に家庭におけるストレスが緩和はされることは、家庭を守る主婦にとっての癒しにもなります。

人を癒しながら自分自身も癒されるのが「ボディケアセラピスト」という仕事です。

また先のような時代背景から自分自身の心と体の健康に注目しているにもかかわらず「半不健康状態」の人が多いのが現状です。

ホームケアを学び病気を予防することでの医療費削減、健康であることが社会貢献であるともいえます。

今もこれからも本当の意味での健康は大きなテーマです。


ボディケアセラピスト養成講座では

癒しの行為である「手当て」をリンパ理論や東洋医学、リフレクソロジー(反射学)を用いてより効果的な手法とするための知識と技術が学べます。

実際に私がサロンで行っている施術方法と経営方法をそのまますべてお伝えしています。

またホームケアとして自分自身や家族の心と体を癒す、スキンシップという手から伝わる愛情のコミュニケーション法を学べます。

私が長年サロン運営をしてきた中で上手くいったこと上手くいかなかったこと、お客様のリアルな声、セラピストとしての経験…そしてこのお仕事の素晴らしさを必要としている方にお伝えし、自分らしく輝ける女性が一人でも増えることが私の願いです。